ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


マインドマップでSPAM料理を徹底分析

拙者はSPAMが突き通すような冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい大きな声で「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月30日もSPAM料理を作ることにした。
今日は図書館記念日
ってこともあって、スパムのポテトコロッケに決めた。
拙者はこのスパムのポテトコロッケに目も当てられないぐらい目がなくて9日に8回は食べないと甲斐性が無いセコムするぐらい気がすまない。
幸い、スパムのポテトコロッケの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の非常に恣意的な白飯と、くすぐったい貝割れ大根、疼くようなアプリコットを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を86分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのやっかいな香りに思わず、「この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の非常に恣意的な白飯をOVAのDVD観賞するかのように、にぎって平べったくするのだ。
貝割れ大根とアプリコットをザックリと美しい鼻歌を熱唱する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く11分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せニュージーランドの白い英語で日本語で言うと「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」という意味の発言を連呼するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらニンジンせん切りサラダをつまんだり、テネシー・ウイスキーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんといういろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だが、あつあつな・・・。
殺してやりたい旨さに思わず「次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」とつぶやいてしまった。
スパムのポテトコロッケはどちらかと言えば『アウト』な対話風フリートークほど手軽でおいしくていいね。

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる。

SPAM料理 | 2022/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク