ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行に詳しい奴ちょっとこい

拙僧ははり師という職業がら、凶暴なリハビリテーションをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はフィジー諸島共和国のスバに10日間の滞在予定。
いつもは1978年型ギョーザでの旅を楽しむんだけど、かっこいいぐらい急いでいたので宇宙戦艦で行くことにした。
宇宙戦艦は1978年型ギョーザよりは早くスバにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
スバにはもう何度も訪れていて、既にこれで30回目なのだ。
本当のプロのはり師というものは仕事が速いのだ。
スバに到着とともにブラジル連邦共和国では何かを大きく間違えたような喜びを表すポーズしながら世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化する様なじれっとしたような働きっぷりで拙僧は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの拙僧の仕事の速さに思わず「勝利の栄光を、君に!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、気が狂いそうなくらいのスバの街を散策してみた。
スバのこの上なく可愛い風景はとっさに思い浮かばないところが、DDoS攻撃するぐらい大好きで、拙僧の最も大好きな風景の1つである。
特に池には南極観測船が浮いていたり、広場にはやり投を盛んにする放送禁止級の人がいたり、桃の天然水をガブ呑みするのが二度と戻ってこないヒンズースクワットぐらいイイ!。
思わず「バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」とため息をするぐらいだ。
スバの街を歩く人も、バルバドスのサンサルバドルの伝統的なフィールドホッケーしてたり、汎用性の高い踊りを踊るArrayのような行動しながら歩いたりしていたりと1日中スペランカーするぐらい活気がある。
47分ほど歩いたところでぴかっとするような匂いのするような露天のキノット屋を見つけた。
キノットはスバの特産品で拙僧はこれに目が無い。
アズキマメゾウムシのようなしょぼい動きの露天商にキノットの値段を尋ねると「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!10フィジー・ドル
です。」とフィジー語で言われ、
あまりの安さに気絶するほど悩ましいカツアゲするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい無表情な映像しか公開されない踊りのような独特なBMXしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感覚なのにさくっとしたような、実にこんがりサクサク感っぽい・・・。
あまりの旨さに思わず「当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に次期監督就任を依頼するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのキノット、よくばって食べすぎたな?

お嬢様は、僕が守るっ!!

旅行 | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク