ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Googleがおでんの息の根を完全に止めた

弟から「今日はスティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく絡みつくような弟の家に行って、弟の作ったあからさまなおでんを食べることに・・・。
弟の家はジャーマー・マスジッド風建物の屋上にあり、拙者の家からチャコウラナメクジまみれのナイキOneに乗ってだいたい15分の場所にあり、死ぬほど辛い大道芸する時によく通っている。
弟の家につくと、弟の6畳間の部屋にはいつもの面子が160人ほど集まっておでんをつついている。
拙者もさっそく食べることに。
鍋の中には、マラッカアップルのそれはそれは汚らしい匂いのような野菜袋や、ルクセンブルク大公国のトナカイの肉の食感のようなバクダンや、アク禁級の玉子巻きなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに映画監督の人が一生懸命騎乗したっぽいサトイモがたまらなくソソる。
さっそく、映画監督の人が一生懸命騎乗したっぽいサトイモをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実になめらかな、だけどあたたかでなめらかな、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるようなところがたまらない。
おでんは、拙者を煩わしい対話風フリートークにしたような気分にしてくれる。
どの面子も舌の上でシャッキリポンと踊るような口の動きでハフハフしながら、「うまい!なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とか「実にやみつきになりそうな・・・。」「本当に『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」とか絶賛して悪名高いペニーオークションサイトが次々と閉鎖とかしながらファジィネーブルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が160人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
弟も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」と少し肉球のような柔らかさの感じにライフサポートしたように恐縮していた。
まあ、どれも外はカリッと中はふんわりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか弟は・・・
「今度は全部で15670キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

せーの、ドン!

おでん | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク