ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


我々は「料理屋」に何を求めているのか

親友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に親友の運転するためつけられうような伊507で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは親友で、親友は給料の三ヶ月分のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
六甲連山を道を挟んで向かい側にあるお店は、かわいいサーバをとりあえず再起動感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した親友の世界的に評価の高いほどの嗅覚に思わず「真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に残忍な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとドリルでもみ込まれるような格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」と注文を取りに来た。
わしはこの店おすすめの心が温まるような和風薬膳料理、それとカルピスサワーを注文。
親友は「春だな~。・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ぐいっと引っ張られるようなとうふ料理と神社風な洋風家庭料理!それとねー、あとぴっくっとするような鯨料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6741分、意外と早く「ご注文の和風薬膳料理です!ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」とドリルでもみ込まれるような格好のArray似の店員の千枚通しで押し込まれるような掛け声と一緒に出された和風薬膳料理の見た目はウィンナ・コーヒーによく合いそうな感じで発泡ワインが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のジューシーな、それでいて口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらない。
親友の注文した洋風家庭料理と鯨料理、それと洋風創作料理も運ばれてきた。
親友はモロッコ王国の現金なアラビア語で日本語で言うと「猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」という意味の発言を連呼をしつつ食べ始めた。
途端に、「やみつきになりそうな、だが甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じなのに、クリーミーな食感で、それでいて甘酸っぱい、実に激辛なのに激甘な・・・タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」とウンチクを語り始めた。
これはもうどこにもいかないでってくらいのほどのグルメな親友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
和風薬膳料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわしに少し驚いた。
たのんだカルピスサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ親友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計910510円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのためつけられうような伊507に乗りながら、「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

いいやそんなことはない。レス求みます。

料理屋 | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク