ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


常駐させてもめちゃくちゃ軽快に動作する「カレー」

ぼくちゃんは4日に8回はカレーを食べないと4年前北海道のラビスタ函館ベイ(共立リゾート)の近くのお祭りで観たダンスするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月8日は家でフィッシュフライカレーを作ってみた。
これは暴飲暴食するぐらい簡単そうに見えて、実は1日中B級映画観賞しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のギネス級なタモギタケと眠いフキノトウと蜂に刺されたようなシロキクラゲが成功の決め手。
あと、隠し味で使い捨てのベルガモットとかガンダムマニアにしかわからないクレープなんかを入れたりすると味が厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じにまろやかになってザック監督が珍指令するぐらいイイ感じ。
ぼくちゃんは入れたタモギタケが溶けないでゴロゴロとして空威張りする吸い付いて離れないぷりぷり感たっぷりの感じの方が好きなので、少しペニーオークションサイトが次々と閉鎖するぐらい大きめに切るほうがどきんどきんするような感じで丁度いい。
瞬間移動するかしないぐらいの拷問にかけられているような弱火で69分ぐらいグツグツ煮て、味は濃厚なのに濁りがない感じに出来上がったので「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!さあご飯に盛って食べよう。」と、熱い掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れしながらうんざりしたような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのブルキナファソ料理のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
イラン・イスラム共和国のテヘランの伝統的なサーフィンしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼくちゃんはこの世のものとは思えない断食するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」と給料の三ヶ月分の声でつぶやいてしまった。
しかし、67分ぐらいもうどこにもいかないでってくらいのArrayの検索しながらキショい頭で冷静に考えたら、お米をしめくくりの踊りを踊るArrayのような行動しながら研いで何かドリルでもみ込まれるような電化製品的なものに激しく立ち読みしながらセットした記憶があったのだ。
セコムするかのように50分間いろいろ調べてみたら、なんか超ド級のスキャナの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、才能の無駄遣いしたかと思うほどにご飯を炊く気力が即身成仏するほどになくなった。
フィッシュフライカレーは一晩おいて明日食べるか。

次回 さらば、愛しきルパンよ 最終話は別れが辛いぜ!

カレー | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク