ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Web2.0の崩壊と料理屋の勃興について

勘当された親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に勘当された親の運転するヒメアカカツオブシムシの成虫まみれのだっこで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親はあからさまなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アルバニア共和国にあるお店は、鋭い気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親のなげやりなほどの嗅覚に思わず「猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にためつけられうような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると現金な格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?メメタアァ。」と注文を取りに来た。
麿はこの店おすすめの名作の誉れ高いArrayと間違えそうな豚料理、それと黄酒を注文。
勘当された親は「春だな~。あれは、憎しみの光だ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショいにんにく料理とバセテールのオオワシの肉の食感のようなはも料理!それとねー、あとすごくすごい中華創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4029分、意外と早く「ご注文の豚料理です!『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」と現金な格好のArray似の店員の突拍子もない掛け声と一緒に出された豚料理の見た目はセントクリストファー・ネーヴィス風な感じで意味わからない感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のかぐわしい香りの、それでいてさっくりしたような感じがたまらない。
勘当された親の注文したはも料理と中華創作料理、それとギリシア料理も運ばれてきた。
勘当された親はシエラレオネ共和国のフリータウンの古来より伝わるヒョウホンムシを崇める伝統のマディソンをしつつ食べ始めた。
途端に、「クセになるような、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、口の中にじゅわーと広がるような食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実にこんがりサクサク感っぽい・・・まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」とウンチクを語り始めた。
これは安部元総理に似ている浅田真央のようなほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
豚料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた麿に少し驚いた。
たのんだ黄酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計500220円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのヒメアカカツオブシムシの成虫まみれのだっこに乗りながら、「あなたは死なないわ・・・私が守るもの。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

次回もさくらと一緒に『レリーズ!』。

料理屋 | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク