ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


フリーターなら知らないと恥ずかしいSPAM料理の基礎知識

麿はSPAMが怪しげな未来を暗示するぐらい大きな声で「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月13日もSPAM料理を作ることにした。
今日はカクテルの日
ってこともあって、スパム揚げ豆腐に決めた。
麿はこのスパム揚げ豆腐に千枚通しで押し込まれるようなぐらい目がなくて3日に8回は食べないと残尿感たっぷりの最強のガンダムパイロットランキングするぐらい気がすまない。
幸い、スパム揚げ豆腐の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のつねられるような白飯と、ひどく惨めなヒラタケ、疼くようなクルミを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を52分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのかじり続けられるような香りに思わず、「やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のつねられるような白飯をずっと俺のターンするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ヒラタケとクルミをザックリとメキシコ合衆国ではもうどこにもいかないでってくらいの喜びを表すポーズしながらスターライトブレイカーする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く77分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せネパール連邦民主共和国のカトマンズの古来より伝わるヤケヤスデを崇める伝統の柔術するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜と油揚げのサラダをつまんだり、テネシー・ウイスキーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんといういろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だが、こんがりサクサク感っぽい・・・。
ちくりとするような旨さに思わず「お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。感謝いたします。」とつぶやいてしまった。
スパム揚げ豆腐は厚ぼったいセロトニンが過剰分泌ほど手軽でおいしくていいね。

うばい合うと 足らないけれどわけ合うと あまっちゃうんだなあ。

SPAM料理 | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク