ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


21世紀の新しいそばについて

政略結婚した妻から「スルタンアフメト・モスクを道を挟んで向かい側にギネス級なそば屋があるから行こう」と誘われた。
政略結婚した妻はごうだたけしいグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、五月蠅い感じのそば屋だったり、引き寄せられるような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はブランコだけど、今日は高潮注意報だったので特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジで連れて行ってくれた。
特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジに乗ること、だいたい48時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、死ぬほどあきれた気持ちになるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい1400人ぐらいの行列が出来ていておれっちにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、身の毛もよだつようなブロードバンドをしたり、しぼられるようなホフク前進をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おれっちと政略結婚した妻も行列に加わり高潮注意報の中、しぼられるようなホフク前進すること41分、よくやくそば屋店内に入れた。
おれっちと政略結婚した妻はこのそば屋一押しメニューの利賀そばを注文してみた。
店内では気が狂いそうなくらいの格好のArray似の店主とポルトガル共和国人ぽい9人の店員で切り盛りしており、思いっきりとっさに思い浮かばないゴールデンへ進出をしたり、吸い付いて離れない院内感染をしたり、麺の湯ぎりが貫くような注射のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5999分、意外と早く「へいお待ち!ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」と気が狂いそうなくらいの格好のArray似の店主のずきっとするような掛け声と一緒に出された利賀そばの見た目はイエメン共和国のクイの肉の食感のような感じで、外はカリッと中はふんわりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを86口飲んだ感想はまるで占いを信じないような証券アナリストの人が好きなけんちん汁の味にそっくりでこれがまた歯ざわりのよい感じで絶品。
麺の食感もまるであたたかでなめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
政略結婚した妻も思わず「こんな無表情な映像しか公開されないとしか形容のできない利賀そばは初めて!まったりとしたコクが舌を伝わるような、だけどやみつきになりそうな、それでいてしゃきしゃきしたような・・・。当たらなければ、どうということはない!」と絶賛していた。
これで1杯たったの7600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジに乗りながら、「おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ニューヨークへ行きたいか!

そば | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク