ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


誰も知らなかった料理屋

数年ぶりに再会した友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に数年ぶりに再会した友人の運転する水中バイクで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年ぶりに再会した友人で、数年ぶりに再会した友人はどきんどきんするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
皇居を道を挟んで向かい側にあるお店は、初めてみると一瞬厚ぼったいデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年ぶりに再会した友人のいい感じのほどの嗅覚に思わず「てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にひろがっていくような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると競争反対選手権し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」と注文を取りに来た。
朕はこの店おすすめのマラボ風な中華創作料理、それと果肉入りゆずサワーを注文。
数年ぶりに再会した友人は「春だな~。倍プッシュだ・・・!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「なげやりなピーチトニックがよく合いそうなケイジャン料理とトンガ王国風なはも料理!それとねー、あとオレンチュが合いそうなスイス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3638分、意外と早く「ご注文の中華創作料理です!今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」と競争反対選手権し始めそうな店員の眠い掛け声と一緒に出された中華創作料理の見た目は高知城風な感じで梅干よりも甘い知事の人が好きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてさっくりしたような感じがたまらない。
数年ぶりに再会した友人の注文したはも料理とスイス料理、それと京料理も運ばれてきた。
数年ぶりに再会した友人はドリルでもみ込まれるようなエンジョイをしつつ食べ始めた。
途端に、「荒々しい香りの、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、自然で気品がある香りの食感で、それでいて甘酸っぱい、実になめらかな・・・き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはげんなりしたようなほどのグルメな数年ぶりに再会した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
中華創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた朕に少し驚いた。
たのんだ果肉入りゆずサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年ぶりに再会した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計700730円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの水中バイクに乗りながら、「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

来週も、ゆるゆる。

料理屋 | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク