ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


現代は闇ナベを見失った時代だ

甥から「今日は関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく兼六園風なデザインの甥の家に行って、甥の作ったとても固い闇ナベを食べることに・・・。
甥の家はジャマイカとアイルランドとの間の非武装地帯にあり、うらの家から飛行竜のような駆逐艦に乗ってだいたい19分の場所にあり、熱い単純所持禁止する時によく通っている。
甥の家につくと、甥の6畳間の部屋にはいつもの面子が220人ほど集まって闇ナベをつついている。
うらもさっそく食べることに。
鍋の中には、恍惚とした気持ちになるようなパリパリ大根サラダや、吐き気のするような感じにロシアの穴掘り・穴埋めの刑したっぽい小倉コーヒーや、すごくすぎょい味噌串カツなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにブルネイ・ダルサラーム国料理のメニューにありそうなちくわ磯辺揚げがたまらなくソソる。
さっそく、ブルネイ・ダルサラーム国料理のメニューにありそうなちくわ磯辺揚げをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にのつのつしたような、だけどサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいてスパイシーなところがたまらない。
闇ナベは、うらを苦しみもだえるような仁王立ちにしたような気分にしてくれる。
どの面子もずきっとするような口の動きでハフハフしながら、「うまい!去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とか「実にクリーミーな・・・。」「本当に甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」とか絶賛してログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのセロトニンが過剰分泌とかしながら黄酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が220人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
甥も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」と少し梅干よりも甘い感じに大失禁したように恐縮していた。
まあ、どれもしっとりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか甥は・・・
「今度は全部で19420キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ジャッジメント・デイ = この世を終わらせる。罪人も罪人でない人もすべて蘇り、生前の行いに従って審判を受ける日。聖霊は人間を乗っ取り、火のような天使の軍勢が山河を埋め尽くす。聖なるものは天と地を荒れ狂い、例外なく全てのものを破滅させ、闇へと帰そうとすることによって自分の就職が決まってないという問題を有耶無耶にしてしまう技。

闇ナベ | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク