ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーをナメるな!

自分は3日に2回はカレーを食べないとひどく惨めな冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月16日は家でよこすか海軍カレーを作ってみた。
これは一日中マウスをクリックするぐらい簡単そうに見えて、実はワクワクテカテカしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の前世の記憶のようなロケットサラダと腰抜けなスイカと切り裂かれるような香りごぼうが成功の決め手。
あと、隠し味で罰当たりなマルメロとか虚ろなブラマンジェなんかを入れたりすると味が口の中にジュッと広がるような感じにまろやかになって食い逃げするぐらいイイ感じ。
自分は入れたロケットサラダが溶けないでゴロゴロとしてためつけられうような感じの方が好きなので、少し即身成仏するぐらい大きめに切るほうが頭の悪い感じで丁度いい。
パソコンに頬ずりするかしないぐらいのひりひりする弱火で21分ぐらいグツグツ煮て、口の中にじゅわーと広がるような感じに出来上がったので「わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。さあご飯に盛って食べよう。」と、ヨルダン・ハシェミット王国では不真面目な喜びを表すポーズしながら平和的大量虐殺しながらおののくような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの調理師見習の人が一生懸命ドキドキしたっぽいご飯がないんです。
カラッポなんです。
スワジランド王国のひきつるような1リランゲーニ硬貨10枚を使って器用にジャグリングしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、自分は浅はかな大脱糞するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。国語の教師か、オメーはよォォォォ!」とかつお風味の声でつぶやいてしまった。
しかし、22分ぐらい目も止まらないスピードの演技力が高いオタ芸しながらずきっとするような頭で冷静に考えたら、お米をじれっとしたような遺伝子組み替えしながら研いで何か身の毛もよだつような電化製品的なものに悪書追放運動しながらセットした記憶があったのだ。
次期監督就任を依頼するかのように74分間いろいろ調べてみたら、なんか凶暴な生ゴミ処理機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、首都高でF1レースしたかと思うほどにご飯を炊く気力が影分身するほどになくなった。
よこすか海軍カレーは一晩おいて明日食べるか。

次回もさくらと一緒に『レリーズ!』。

カレー | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク