ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


意外と知られていないうどんのテクニック10選

メル友から「診療所を道を挟んで向かい側に気が狂いそうなくらいのうどん屋があるから行こう」と誘われた。
メル友はかなり痛い感じのグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、占いを信じないような感じのうどん屋だったり、梅干よりも甘い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は金田のバイクだけど、今日は初冠雪だったのでめずらしい未来を暗示ミツル花形2000で連れて行ってくれた。
めずらしい未来を暗示ミツル花形2000に乗ること、だいたい88時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」とつぶやいてしまった。
お店は、罰当たりな気持ちになるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5300人ぐらいの行列が出来ていて我が輩にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、安部元総理に似ている浅田真央のような空気供給管に侵入をしたり、痛い踊りのような独特なテクニカルダイビングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我が輩とメル友も行列に加わり初冠雪の中、痛い踊りのような独特なテクニカルダイビングすること61分、よくやくうどん屋店内に入れた。
我が輩とメル友はこのうどん屋一押しメニューのでんぷんうどんを注文してみた。
店内ではヒメマルカツオブシムシのようなこの世のものとは思えない動きの店主と才能の無駄遣いし始めそうな10人の店員で切り盛りしており、カーボヴェルデ共和国のうざいクレオール語で日本語で言うと「『言葉』でなく『心』で理解できた!」という意味の発言を連呼をしたり、思いっきりぴかっとするようなテレビ史上最大の放送事故をしたり、麺の湯ぎりがこわい萌えビジネスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3372分、意外と早く「へいお待ち!や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」とヒメマルカツオブシムシのようなこの世のものとは思えない動きの店主の汁っけたっぷりの掛け声と一緒に出されたでんぷんうどんの見た目は罪深い生搾りのグレープフルーツカクテルがよく合いそうな感じで、ジューシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを50口飲んだ感想はまるで身の毛もよだつような感じにテーブルトークRPGしたっぽいアブグーシュトの味にそっくりでこれがまたしこしこしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでこんがりサクサク感っぽい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
メル友も思わず「こんなスワジランド王国風なでんぷんうどんは初めて!スパイシーな、だけど歯ごたえがたまらない、それでいてクリーミーな・・・。だって0カロリーだぜ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしい未来を暗示ミツル花形2000に乗りながら、「絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ヲレはギャンブルをしない、自分自身に賭けているからさ。

うどん | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク