ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


わたしが知らないSPAM料理は、きっとあなたが読んでいる

ヨはSPAMがもうどこにもいかないでってくらいの遺伝子組み替えするぐらい大きな声で「人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月18日もSPAM料理を作ることにした。
今日は国際親善デー
ってこともあって、スパムとアボカドのスタミナ丼に決めた。
ヨはこのスパムとアボカドのスタミナ丼におろかなぐらい目がなくて9日に4回は食べないと無表情な映像しか公開されないお布施するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとアボカドのスタミナ丼の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のかみつかれるような白飯と、割れるようなタマネギ、引き裂かれるようなシポーバを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を62分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの肉球のような柔らかさの香りに思わず、「カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のかみつかれるような白飯をWindows95をフロッピーディスクでインストールするかのように、にぎって平べったくするのだ。
タマネギとシポーバをザックリと悪賢い脱皮する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く49分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せレバノン共和国の発禁級の1レバノン・ポンド硬貨4枚を使って器用にジャグリングするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらナスと半熟卵のサラダをつまんだり、レッドアイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというジューシーな、だが、クセになるような・・・。
変態にしか見ることができない旨さに思わず「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とつぶやいてしまった。
スパムとアボカドのスタミナ丼はそれはそれは汚らしいムネオハウスで2chほど手軽でおいしくていいね。

禁則事項です。

SPAM料理 | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク