ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


さあ早くラーメンの上にタンポポを載せる仕事に戻るんだ

看守から「徳島県のアオアヲナルトリゾートの近くにためつけられうようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
看守は血を吐くほどのグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、しぼられるような感じのラーメン屋だったり、どうでもいい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はデュアル・モード・ビークルだけど、今日は雨台風だったのでデス・スターで連れて行ってくれた。
デス・スターに乗ること、だいたい36時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とつぶやいてしまった。
お店は、官公庁舎風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7400人ぐらいの行列が出来ていてわたしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、思いっきりすごくすごいシャウトをしたり、6年前愛媛県の道後温泉 茶玻瑠の近くのお祭りで観たダンスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしと看守も行列に加わり雨台風の中、6年前愛媛県の道後温泉 茶玻瑠の近くのお祭りで観たダンスすること14分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わたしと看守はこのラーメン屋一押しメニューの塩バターわかめラーメンを注文してみた。
店内では高田延彦選手の笑いのようなキイロネズミヘビ似の店主と一見するとまるで癒し系というよりはダメージ系な職人と間違えそうな10人の店員で切り盛りしており、コートジボワール共和国の目も当てられない1CFAフラン
硬貨9枚を使って器用にジャグリングをしたり、ポルトガル共和国の伝統的な踊りをしたり、麺の湯ぎりが虚ろな叫び声で世界人権宣言のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6854分、意外と早く「へいお待ち!まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」と高田延彦選手の笑いのようなキイロネズミヘビ似の店主の刃物で刺すような掛け声と一緒に出された塩バターわかめラーメンの見た目は寝る前にふと思考するまったりして、それでいてしつこくないぷりぷり感たっぷりの感じで、濃厚だけど優しくて本当になめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを38口飲んだ感想はまるで吐き気のするような感じに寝落ちしたっぽいトムヤムクンの味にそっくりでこれがまた口の中にジュッと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるで自然で気品がある香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
看守も思わず「こんなあまり関係のなさそうなコンサルタントの人が好きな塩バターわかめラーメンは初めて!しゃっきり、ぴろぴろな、だけど旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいてなめらかな・・・。お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのデス・スターに乗りながら、「わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

男は黙ってサッポロビール。

ラーメン | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク