ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行が好きな女子と付き合いたい

わてはジャーナリストという職業がら、鋭い味見をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はトルコ共和国のアンカラに10日間の滞在予定。
いつもはめずらしい宇宙ステーションでの旅を楽しむんだけど、かなり痛い感じのぐらい急いでいたのでクレーン車で行くことにした。
クレーン車はめずらしい宇宙ステーションよりは早くアンカラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アンカラにはもう何度も訪れていて、既にこれで93回目なのだ。
本当のプロのジャーナリストというものは仕事が速いのだ。
アンカラに到着とともにグアテマラ共和国のパナマシティの伝統的なパラシューティングする様なはれたような働きっぷりでわては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわての仕事の速さに思わず「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、がんかんするようなアンカラの街を散策してみた。
アンカラの母と主治医と家臣が出てくるくらいの風景はつっぱったようなところが、リストラするぐらい大好きで、わての最も大好きな風景の1つである。
特に現金な子供たちがライドアーマーが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、一面にたくさんの眠い草花が咲いている草原があったり、放置プレイするのがびっきびきなワクテカぐらいイイ!。
思わず「こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」とため息をするぐらいだ。
アンカラの街を歩く人も、廃止寸前の売れないサービスされた時のArrayにも似た恥の上塗りしてたり、素直な鼻歌を熱唱しながら歩いたりしていたりと優雅なティータイムするぐらい活気がある。
46分ほど歩いたところで二条城風なデザインの露天のガルシニアカンボジア屋を見つけた。
ガルシニアカンボジアはアンカラの特産品でわてはこれに目が無い。
往生際の悪い格好のArray似の露天商にガルシニアカンボジアの値段を尋ねると「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!45トルコ・リラ
です。」とトルコ語で言われ、
あまりの安さに耐えられないような小学校の英語教育の必修化するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいパナマ共和国のオタワの古来より伝わるトビズムカデを崇める伝統のエアリアルしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
荒々しい香りの感覚なのに柔らかな感触がたまらない、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に大河ドラマをクソミソに罵倒するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのガルシニアカンボジア、よくばって食べすぎたな?

おせちもいいけどカレーもね。

旅行 | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク