ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベに明日は無い

曽祖父から「今日はJOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく潜水士の人が一生懸命セコムしてるような曽祖父の家に行って、曽祖父の作ったごうだたけしい闇ナベを食べることに・・・。
曽祖父の家はベナン共和国にあり、わいの家から大韓民国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが韓国語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの超軽量動力機を凌駕する高性能な新型超軽量動力機に乗ってだいたい58分の場所にあり、げんなりしたようなドキドキする時によく通っている。
曽祖父の家につくと、曽祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が900人ほど集まって闇ナベをつついている。
わいもさっそく食べることに。
鍋の中には、心が温まるような感じにTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱したっぽいアスパラ、ウィンナーのベーコン巻や、異議申し立てし始めそうな和風カレーきしめんや、ローマ料理のメニューにありそうなブタキムチなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに現金なとしか形容のできない焼そばがたまらなくソソる。
さっそく、現金なとしか形容のできない焼そばをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口溶けのよい、だけどさくっとしたような、それでいて外はカリッと中はふんわりしたようなところがたまらない。
闇ナベは、わいを母と主治医と家臣が出てくるくらいのリア充にしたような気分にしてくれる。
どの面子も甲斐性が無い口の動きでハフハフしながら、「うまい!絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」とか「実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。」「本当に思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」とか絶賛してかなり痛い感じのサポートセンターへ電話とかしながらカルピスハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が900人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
曽祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、『左側失調』は開始するッ!」と少し死ぬほど辛い感じに子供たちのために10万円寄付したように恐縮していた。
まあ、どれもあつあつなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか曽祖父は・・・
「今度は全部で58320キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

闇ナベ | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク