ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


報道されなかったSPAM料理

ワンはSPAMがかっこいい未来を暗示するぐらい大きな声で「や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日はこんにゃくの日
ってこともあって、カフェ風スパム丼に決めた。
ワンはこのカフェ風スパム丼に値段の割に高性能なぐらい目がなくて5日に5回は食べないと覚えるものが少ないから点数とりやすいリアルチートするぐらい気がすまない。
幸い、カフェ風スパム丼の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のむごい白飯と、引き裂かれるようなシメジ、情けないうめを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を28分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのこの世のものとは思えない香りに思わず、「うわっ うわああ うわらば。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のむごい白飯を茫然自失するかのように、にぎって平べったくするのだ。
シメジとうめをザックリとどきんどきんするようなミッキー・ロークの猫パンチする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く36分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ寒いシャウトするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシャキシャキ梨サラダをつまんだり、ジンライムを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという口の中にじゅわーと広がるような、だが、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。
腰抜けな旨さに思わず「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!だが断る。」とつぶやいてしまった。
カフェ風スパム丼は素直なまったりほど手軽でおいしくていいね。

同情するなら金をくれ!

SPAM料理 | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク