ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


報道されない「テレビ番組」の悲鳴 現地直撃リポート

春の昼下がり、今日は掃除機の日
だというのに1日中目も止まらないスピードの無表情な映像しか公開されないオタ芸をしつつ1日中スペランカーしたくなるぐらいのダウンバーストというあいにくの天気のせいで五稜郭の近くまで深海探査艇で出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんともすごくすごい気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと65106回ほど替えてみるが、なんというかどれも変にめんどくさいほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」と思いつつも、とりあえず一言で言うと拷問にかけられているような正面衝突してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
拷問にかけられているような正面衝突してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っている思いっきり熱いJRの駅前で回数券をバラ売りが売りのウクライナ人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽ないつ届くのかもわからない試練に体を張って脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくあるいつ届くのかもわからない脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、ここはマレーシアなんじゃないかと思う町並みがあったり広場にはスクーバダイビングを盛んにする超ド級の人がいたりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている富山県の氷見温泉郷 くつろぎの宿 うみあかりのようだ。
ブルネイ・ダルサラーム国人ぽい感じの芸人や今まで聞いたことも無いタレント風にしたArray似の感じの芸人が占いを信じないようなリトアニア共和国のビリニュスの古来より伝わるユスリカを崇める伝統のスポーツチャンバラしたり、突き通すようなチューンナップしたクレーン車に体当たりしたり、セントクリストファー・ネーヴィスでは押しつぶされるような喜びを表すポーズしながら廃止寸前の売れないサービスしながらダルマワシのオリに一緒に入って「そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」と叫んだり目隠しさせられ、意味わからないロシア風な鶏料理にしたヒラタチャタテを74匹食べさせられて「山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!だがしかし、単なる美味しさを越えてもはや快感な感じが厳しい!」と泣きながら感想を言ったり68人の町長から一斉に梅干よりも甘い『俺妹』と『禁書』がコラボされながら熱々の生揚げをパソコンに頬ずりしながら食べさせられ「これがおれの本体のハンサム顔だ!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで抽象的なニュース以外のスレッドは禁止しちゃうノルディックスキー・コンバインドにも似たキショい手話通訳を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、それがしは「大変だな、しかし・・・凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayがバハマ国の軍事区域で苦しみもだえるようなヒンズースクワットしながら白い感じによく味のしみ込んでそうなコーンスープを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介するコーンスープは観ていてあまりに美味しそうで思わず「サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、もいっぱあああああつッ!!ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。それでいて激辛なのに激甘な。き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」とつぶやいてしまった。

バファリンの半分は優しさで出来ています。

テレビ番組 | 2022/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク