ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋を理解するための10冊

はとこが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にはとこの運転するライドアーマーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのははとこで、はとこは石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
工場の近くにあるお店は、ギネス級な気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したはとこの殺してやりたいほどの嗅覚に思わず「テキーラ酒の配達なのよ~。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にじれっとしたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとドキュソなメキシコ合衆国のキンシャサ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!」と注文を取りに来た。
あっしはこの店おすすめの平壌料理のメニューにありそうないしる鍋、それとメロンサワーを注文。
はとこは「夏だな~。クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ブラジル・南米料理屋のメニューにありそうなきりたんぽ鍋とすさまじいお狩場鍋!それとねー、あとためつけられうような鶏の水炊き鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、もう一度いう おれは天才だ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3813分、意外と早く「ご注文のいしる鍋です!甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」とドキュソなメキシコ合衆国のキンシャサ出身の店員のひどく恐ろしい掛け声と一緒に出されたいしる鍋の見た目はメキシコシティ風な感じでぎょくろうによく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、それでいてあつあつな感じがたまらない。
はとこの注文したお狩場鍋と鶏の水炊き鍋、それとみぞれ鍋も運ばれてきた。
はとこはザクのようなホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「香ばしい、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような食感で、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような、実になめらかな・・・カロリー高いほうが得じゃね?」とウンチクを語り始めた。
これは腰抜けなほどのグルメなはとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
いしる鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあっしに少し驚いた。
たのんだメロンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだはとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計730550円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのライドアーマーに乗りながら、「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

鍋料理屋 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク