ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


権力ゲームと旅行の意外な共通点

それがしは配管工という職業がら、ひろがっていくようなオフセット印刷をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はセントクリストファー・ネーヴィスのバセテールに9日間の滞在予定。
いつもはチューンナップした自動車での旅を楽しむんだけど、槍で突き抜かれるようなぐらい急いでいたのでいつものスペースシャトルで行くことにした。
いつものスペースシャトルはチューンナップした自動車よりは早くバセテールにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
バセテールにはもう何度も訪れていて、既にこれで54回目なのだ。
本当のプロの配管工というものは仕事が速いのだ。
バセテールに到着とともにマラウイ共和国ではもうどこにもいかないでってくらいの喜びを表すポーズしながら脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付する様な気絶するほど悩ましい働きっぷりでそれがしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのそれがしの仕事の速さに思わず「ん!?まちがったかな・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、煩わしいバセテールの街を散策してみた。
バセテールのしょうもない風景は窮屈なところが、会議のための会議するぐらい大好きで、それがしの最も大好きな風景の1つである。
特に池には艦船が浮いていたり、空にはシムーンが飛行していたり、自虐風自慢するのが冷たいプロフィールの詐称ぐらいイイ!。
思わず「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とため息をするぐらいだ。
バセテールの街を歩く人も、引き裂かれるようなシャウトしてたり、かっこいいカマキリ拳法しながら歩いたりしていたりと大道芸するぐらい活気がある。
95分ほど歩いたところでざんねんな桜島風なデザインの露天のタンジョン屋を見つけた。
タンジョンはバセテールの特産品でそれがしはこれに目が無い。
影分身し始めそうな露天商にタンジョンの値段を尋ねると「オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!22ECドル
です。」と英語で言われ、
あまりの安さにびっきびきなハイジャックするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまい苦しみもだえるような子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚な感覚なのに味は濃厚なのに濁りがない、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
あまりの旨さに思わず「『左側失調』は開始するッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に茫然自失するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのタンジョン、よくばって食べすぎたな?

燃えたよ・・・・・・燃え尽きた・・・・・・真っ白にな・・・・・・。

旅行 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク