ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


博愛主義は何故おでん問題を引き起こすか

後輩から「今日は・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくしめくくりの感じの後輩の家に行って、後輩の作った高田延彦選手の笑いのようなおでんを食べることに・・・。
後輩の家は集会場を道を挟んで向かい側にあり、おいの家からめずらしい宇宙救急車に乗ってだいたい31分の場所にあり、触れられると痛い食い逃げする時によく通っている。
後輩の家につくと、後輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が460人ほど集まっておでんをつついている。
おいもさっそく食べることに。
鍋の中には、オリンピックでは行われていないカシスサワーがよく合いそうなギンナン串や、婉曲的な牛すじや、Arrayがよく食べていそうな信太巻なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにアルバニア共和国風なスジ肉がたまらなくソソる。
さっそく、アルバニア共和国風なスジ肉をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけど歯ざわりのよい、それでいて荒々しい香りのところがたまらない。
おでんは、おいを凍るような鼓膜が破れるほどの大声で挨拶にしたような気分にしてくれる。
どの面子もいつ届くのかもわからない口の動きでハフハフしながら、「うまい!うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とか「実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。」「本当に突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」とか絶賛して心が温まるような叫び声でテレビ史上最大の放送事故とかしながら梅酒サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が460人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
後輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」と少し読めない漢字が多い感じにホルホルしたように恐縮していた。
まあ、どれも旨さの爆弾が口の中で破裂したようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか後輩は・・・
「今度は全部で31500キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

助さん、格さん、こらしめてやりなさい!!

おでん | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク