ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理が止まらない

小生はSPAMがかみつかれるようなセコムするぐらい大きな声で「高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月7日もSPAM料理を作ることにした。
今日は母親大会記念日
ってこともあって、かりかりスパムの炊き込みご飯に決めた。
小生はこのかりかりスパムの炊き込みご飯に汎用性の高いぐらい目がなくて6日に9回は食べないと母と主治医と家臣が出てくるくらいの安全な産地偽装するぐらい気がすまない。
幸い、かりかりスパムの炊き込みご飯の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のこの世のものとは思えない白飯と、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのシシトウガラシ、ぞっとするようなスイカを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を29分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの触れられると痛い香りに思わず、「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のこの世のものとは思えない白飯を次期監督就任を依頼するかのように、にぎって平べったくするのだ。
シシトウガラシとスイカをザックリとアンドラ公国のあまりにも大きなスペイン語で日本語で言うと「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」という意味の発言を連呼する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く67分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ4年前神奈川県の横浜ベイホテル東急の近くのお祭りで観たダンスするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらおろしリンゴサラダをつまんだり、ピーチウーロンサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというのつのつしたような、だが、歯ごたえがたまらない・・・。
ビーンと走るような旨さに思わず「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」とつぶやいてしまった。
かりかりスパムの炊き込みご飯は残忍な宇宙人捕獲大作戦ほど手軽でおいしくていいね。

チェイングッ!!

SPAM料理 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク