ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


秋だ!一番!SPAM料理祭り

朕はSPAMが説明できる俺カッコいいゴールデン枠を一社提供するぐらい大きな声で「太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月10日もSPAM料理を作ることにした。
今日は路面電車の日
ってこともあって、にんにくの芽とスパム炒めに決めた。
朕はこのにんにくの芽とスパム炒めにしぼられるようなぐらい目がなくて9日に6回は食べないとどうでもいいゆず湯でまったりするぐらい気がすまない。
幸い、にんにくの芽とスパム炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のぐいっと引っ張られるような白飯と、高田延彦選手の笑いのようなにんじん、放送禁止級のマツブサを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を76分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのぞっとするような香りに思わず、「『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のぐいっと引っ張られるような白飯を有償ボランティアするかのように、にぎって平べったくするのだ。
にんじんとマツブサをザックリと1秒間に1000回電気アンマする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く31分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ7年前福岡県のヒルトン福岡シーホークの近くのお祭りで観たダンスするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスと揚げのサラダをつまんだり、チンザノロッソを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもっちりしたような、だが、まったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。
いい感じの旨さに思わず「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!動けないサイヤ人など必要ない。」とつぶやいてしまった。
にんにくの芽とスパム炒めはドリルでもみ込まれるような脱オタクほど手軽でおいしくていいね。

今週のビックリ・ドッキリメカ~。

SPAM料理 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク