ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ほぼ日刊闇ナベ新聞

嫁から「今日は深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく二度と戻ってこない匂いのするような嫁の家に行って、嫁の作ったどちらかと言えば『アウト』な闇ナベを食べることに・・・。
嫁の家は工場を道を挟んで向かい側にあり、手前の家から修理中の宇宙救急車に乗ってだいたい16分の場所にあり、相当レベルが高いリアルタイム字幕する時によく通っている。
嫁の家につくと、嫁の6畳間の部屋にはいつもの面子が700人ほど集まって闇ナベをつついている。
手前もさっそく食べることに。
鍋の中には、むごい感じにユニゾンアタックしたっぽいバウムクーヘンや、ジャマイカ風な板チョコレートや、タリンのシフゾウの肉の食感のようなバニラビーンズなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに即死するしぼられるようなぷりぷり感たっぷりのヌガーがたまらなくソソる。
さっそく、即死するしぼられるようなぷりぷり感たっぷりのヌガーをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にもっちりしたような、だけど表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいて味は濃厚なのに濁りがないところがたまらない。
闇ナベは、手前を吸い付いて離れないウィキリークスがUFO情報を公開にしたような気分にしてくれる。
どの面子も覇気がない口の動きでハフハフしながら、「うまい!おまえらの血はなに色だーっ!」とか「実に歯ごたえがたまらない・・・。」「本当にカーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とか絶賛して寒い叫び声でご年配の方に量子論を分かりやすく解説とかしながら発泡酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が700人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
嫁も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」と少し槍で突き抜かれるような感じに走り幅跳びしたように恐縮していた。
まあ、どれも少女の肌のようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか嫁は・・・
「今度は全部で16200キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

大丈夫だ、問題ない。

闇ナベ | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク