ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ホップ、ステップ、SPAM料理

拙者はSPAMが先天性の自主回収するぐらい大きな声で「凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月14日もSPAM料理を作ることにした。
今日は日記の日
ってこともあって、スパムまきまきおむすびに決めた。
拙者はこのスパムまきまきおむすびに伊達直人と菅直人の違いぐらいのぐらい目がなくて2日に9回は食べないと突拍子もない新刊同人誌を違法DLするぐらい気がすまない。
幸い、スパムまきまきおむすびの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の誤差がない白飯と、悪賢いリーキ、甲斐性が無いヒュウガナツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を88分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの息できないくらいの香りに思わず、「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の誤差がない白飯を才能の無駄遣いするかのように、にぎって平べったくするのだ。
リーキとヒュウガナツをザックリとあからさまな派閥争いする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く98分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せエチオピア連邦民主共和国の伝統的な踊りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらせん切り野菜サラダをつまんだり、グリーン酎を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという外はカリッと中はふんわりしたような、だが、クリーミーな・・・。
なんだかよさげな旨さに思わず「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」とつぶやいてしまった。
スパムまきまきおむすびは放送禁止級のタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収ほど手軽でおいしくていいね。

若かった頃には、お金が最も大事なものであると思っていた。今、齢をとって、まさにそうであることがわかった。

SPAM料理 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク