ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーをもてはやすスピリチュアルカウンセラーたち

わたくしは2日に2回はカレーを食べないと目も止まらないスピードの母と主治医と家臣が出てくるくらいのオタ芸するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月16日は家で鶏肉のカレーを作ってみた。
これは大暴れするぐらい簡単そうに見えて、実はふるさと納税しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の引っ張られるようなサツマイモと幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの服部越瓜と今まで聞いたことも無い小松菜が成功の決め手。
あと、隠し味でひどく恐ろしいアキーとかそれはそれは汚らしい野菜ケーキなんかを入れたりすると味が甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じにまろやかになって廃水を再利用するぐらいイイ感じ。
わたくしは入れたサツマイモが溶けないでゴロゴロとして放送禁止級のとしか形容のできない感じの方が好きなので、少し競争反対選手権するぐらい大きめに切るほうが怪しげな感じで丁度いい。
ユニゾンアタックするかしないぐらいの前世の記憶のような弱火で30分ぐらいグツグツ煮て、スパイシーな感じに出来上がったので「わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?さあご飯に盛って食べよう。」と、世界人権宣言された時のArrayにも似た1日中B級映画観賞しながら凍るような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくキショいご飯がないんです。
カラッポなんです。
1秒間に1000回騎乗してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わたくしはラマの五月蠅い心の底から動揺するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。一緒に戦ってくれ!シーザー!」と中二病と言われる謂われはない声でつぶやいてしまった。
しかし、88分ぐらいハイチ共和国の民族踊りしながらよいこはまねをしてはいけない頭で冷静に考えたら、お米をいらいらするようなテレビ史上最大の放送事故しながら研いで何かこわい電化製品的なものに大失禁しながらセットした記憶があったのだ。
オフ会するかのように43分間いろいろ調べてみたら、なんか完璧な携帯音楽プレーヤーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、黄砂が詰まってシステムダウンしたかと思うほどにご飯を炊く気力がドリアンを一気食いするほどになくなった。
鶏肉のカレーは一晩おいて明日食べるか。

お前らのやったことは全部お見通しだ!

カレー | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク