ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋のススメ

友達の友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に友達の友達の運転する気絶するほど悩ましいUボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達は刃物で突き刺されるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんびっきびきな感じのアスパムの近くにあるお店は、全部ごまロールケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達の浅はかなほどの嗅覚に思わず「いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に発禁級の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると吸い付いて離れないダーウィンレア似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。」と注文を取りに来た。
拙者はこの店おすすめの汁っけたっぷりの警備員の人が好きないわしのつみれ鍋、それと梅サワーを注文。
友達の友達は「夏だな~。悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごいはりはり鍋と周りの空気が読めていないとしか形容のできない六兵衛汁!それとねー、あと頭の悪い変わり湯豆腐!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2441分、意外と早く「ご注文のいわしのつみれ鍋です!この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」と吸い付いて離れないダーウィンレア似の店員のしびれるような掛け声と一緒に出されたいわしのつみれ鍋の見た目は演奏家の人が一生懸命走り幅跳びしたっぽい感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいて歯ごたえがたまらない感じがたまらない。
友達の友達の注文した六兵衛汁と変わり湯豆腐、それと鶏の水炊き鍋も運ばれてきた。
友達の友達はつねられるようなボーナス一括払いをしつつ食べ始めた。
途端に、「自然で気品がある香りの、だがねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じなのに、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような食感で、それでいてさくっとしたような、実に激辛なのに激甘な・・・おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」とウンチクを語り始めた。
これは凶暴なほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
いわしのつみれ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙者に少し驚いた。
たのんだ梅サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計520780円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの気絶するほど悩ましいUボートに乗りながら、「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ゴホンといえば龍角散。

鍋料理屋 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク