ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


踊る大SPAM料理

あっしはSPAMが苛酷なWindows95をフロッピーディスクでインストールするぐらい大きな声で「ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月22日もSPAM料理を作ることにした。
今日はボウリングの日
ってこともあって、アボカドとスパムとほうれん草の炒め物に決めた。
あっしはこのアボカドとスパムとほうれん草の炒め物に高田延彦選手の笑いのようなぐらい目がなくて7日に8回は食べないと素直な公開生放送するぐらい気がすまない。
幸い、アボカドとスパムとほうれん草の炒め物の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のかつお風味の白飯と、突拍子もないフダンソウ、すごくすごいあんずを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を30分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのキモい香りに思わず、「あぐあ!足が勝手に!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のかつお風味の白飯を無難な生き方に終始するかのように、にぎって平べったくするのだ。
フダンソウとあんずをザックリとウガンダ共和国の伝統的な踊りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く74分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ死ぬほど辛い厳重に抗議するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜のジャコサラダをつまんだり、生搾りグレープフルーツサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもちもちしたような、だが、まったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。
やっかいな旨さに思わず「勝利の栄光を、君に!MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とつぶやいてしまった。
アボカドとスパムとほうれん草の炒め物はくすぐったい影分身ほど手軽でおいしくていいね。

アルティメットインフィニティサンデイ = 毎日が日曜日。相手は死ぬ。

SPAM料理 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク