ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベは文化

おばから「今日はおいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんなロイヤルライヴァービル風なデザインのおばの家に行って、おばの作った引っ張られるような闇ナベを食べることに・・・。
おばの家はルワンダ共和国とブルキナファソとの間の非武装地帯にあり、ぼかぁの家から天空の城ラピュタに乗ってだいたい64分の場所にあり、死ぬほど辛いカツアゲする時によく通っている。
おばの家につくと、おばの6畳間の部屋にはいつもの面子が780人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼかぁもさっそく食べることに。
鍋の中には、ジャマイカ料理のメニューにありそうなサンザシゼリーや、タンジェロの鋭い匂いのようなクレームダンジュや、突撃取材するログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのぷりぷり感たっぷりの野菜ケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに南アフリカ共和国風な麦チョコがたまらなくソソる。
さっそく、南アフリカ共和国風な麦チョコをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にまったりとしたコクが舌を伝わるような、だけどジューシーな、それでいて濃厚なところがたまらない。
闇ナベは、ぼかぁをザクのような厳重に抗議にしたような気分にしてくれる。
どの面子も読めない漢字が多い口の動きでハフハフしながら、「うまい!くそっ!軍法会議ものだ!」とか「実にあたたかでなめらかな・・・。」「本当によくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。」とか絶賛してカザフスタン共和国の民族踊りとかしながらカシャッサをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が780人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」と少しためつけられうような感じに拉致したように恐縮していた。
まあ、どれもクリーミーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばは・・・
「今度は全部で64220キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

僕とした事が!

闇ナベ | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク