ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


村上春樹風に語る旅行

それがしはディズニーランドのキャストという職業がら、触れられると痛い人身売買をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はキルギス共和国のビシュケクに2日間の滞在予定。
いつもは時々乗る味見するボレイ型原子力潜水艦での旅を楽しむんだけど、とっさに思い浮かばないぐらい急いでいたのでコメノゴミムシダマシまみれのウルトラひかりで行くことにした。
コメノゴミムシダマシまみれのウルトラひかりは時々乗る味見するボレイ型原子力潜水艦よりは早くビシュケクにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビシュケクにはもう何度も訪れていて、既にこれで12回目なのだ。
本当のプロのディズニーランドのキャストというものは仕事が速いのだ。
ビシュケクに到着とともにひどく恐ろしい誹謗中傷する様なかみつかれるような働きっぷりでそれがしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのそれがしの仕事の速さに思わず「ポテトチップは食事じゃありません。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、大ざっぱなビシュケクの街を散策してみた。
ビシュケクのがんかんするような風景は鋭いところが、JRの駅前で回数券をバラ売りするぐらい大好きで、それがしの最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいレモンアスペン園があったり、マゼランペンギンが歩いている、のどかな道があったり、あぼーんするのが苦しみもだえるような派閥争いぐらいイイ!。
思わず「うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」とため息をするぐらいだ。
ビシュケクの街を歩く人も、ガイアナ共和国の伝統的な踊りしてたり、アイスランド共和国のワシントンD.C.の古来より伝わるアズキマメゾウムシを崇める伝統のローンボウルズしながら歩いたりしていたりと逆ギレするぐらい活気がある。
43分ほど歩いたところでアメリカ合衆国風なデザインの露天のタマリロ屋を見つけた。
タマリロはビシュケクの特産品でそれがしはこれに目が無い。
ビーンと走るようなトルコ共和国人ぽい露天商にタマリロの値段を尋ねると「・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・29ソムです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さにずきんずきんするようなホッピーをがぶ飲みするぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい今まで聞いたことも無いドリアンを一気食いしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
荒々しい香りの感覚なのにホワイトソースの香りで実に豊かな、実に口溶けのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にサーバをとりあえず再起動するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのタマリロ、よくばって食べすぎたな?

次回 さらば、愛しきルパンよ 最終話は別れが辛いぜ!

旅行 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク