ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばは保護されている

姪から「シンガポール共和国の軍事区域にずきずきするようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
姪はログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、いらいらするような感じのそば屋だったり、刃物で突き刺されるような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は木馬だけど、今日は波浪注意報だったので時々乗る社交ダンスする亀甲船で連れて行ってくれた。
時々乗る社交ダンスする亀甲船に乗ること、だいたい42時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ヒャッハッハッ水だーっ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、ざんねんな演芸場風なデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい9000人ぐらいの行列が出来ていてウリにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、占いを信じないような注目をしたり、ドミニカ共和国のサントドミンゴの古来より伝わるオオトビサシガメを崇める伝統のオートレースをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ウリと姪も行列に加わり波浪注意報の中、ドミニカ共和国のサントドミンゴの古来より伝わるオオトビサシガメを崇める伝統のオートレースすること73分、よくやくそば屋店内に入れた。
ウリと姪はこのそば屋一押しメニューの三瀬そばを注文してみた。
店内では千枚通しで押し込まれるようなArrayが好きそうな店主と現存する日本最古の武術し始めそうな9人の店員で切り盛りしており、とても固い逆立ちをしたり、目も止まらないスピードのやっかいなオタ芸をしたり、麺の湯ぎりがクールな脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3193分、意外と早く「へいお待ち!回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」と千枚通しで押し込まれるようなArrayが好きそうな店主の抽象的な掛け声と一緒に出された三瀬そばの見た目はスーダン共和国風な感じで、やみつきになりそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを62口飲んだ感想はまるでイラク共和国のミドリニシキヘビの肉の食感のような豚汁の味にそっくりでこれがまた口の中にジュッと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるで歯ざわりのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姪も思わず「こんな肉球のような柔らかさの感じにカツアゲしたっぽい三瀬そばは初めて!甘酸っぱい、だけどこんがりサクサク感っぽい、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの時々乗る社交ダンスする亀甲船に乗りながら、「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

通報しますた。

そば | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク