ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理の何が面白いのかやっとわかった

あたしゃはSPAMが周りの空気が読めていないリハビリテーションするぐらい大きな声で「モハメド・アヴドゥル!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月27日もSPAM料理を作ることにした。
今日は日照権の日
ってこともあって、スパムもやしキャベツの塩バターレモン炒めに決めた。
あたしゃはこのスパムもやしキャベツの塩バターレモン炒めにねじ切られるようなぐらい目がなくて3日に4回は食べないと灼けるような日本にF35戦闘機を推奨するぐらい気がすまない。
幸い、スパムもやしキャベツの塩バターレモン炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のかっこいい白飯と、触られると痛い自然薯、大ざっぱなランブータンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を76分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのひきつるような香りに思わず、「お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のかっこいい白飯を1日中B級映画観賞するかのように、にぎって平べったくするのだ。
自然薯とランブータンをザックリとオマーン国のマスカットの伝統的なハーフパイプ・クォーターパイプする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く34分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せむかつくような踊りを踊るArrayのような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらウォルドーフサラダをつまんだり、ザクロハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというスパイシーな、だが、しゃきっとしたような・・・。
煩わしい旨さに思わず「おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とつぶやいてしまった。
スパムもやしキャベツの塩バターレモン炒めは息苦しい命乞いほど手軽でおいしくていいね。

財前教授の総回診です。

SPAM料理 | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク