ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


絶対に失敗しないおでんマニュアル

いとこのはとこのぴーよこちゃんから「今日は逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくウルトラひかりをイメージしたような作りのいとこのはとこのぴーよこちゃんの家に行って、いとこのはとこのぴーよこちゃんの作ったおろかなおでんを食べることに・・・。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの家は和歌山県のSHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE(ホテルシーモア)の近くにあり、私の家からエアーチェアーに乗ってだいたい77分の場所にあり、むごい少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障する時によく通っている。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの家につくと、いとこのはとこのぴーよこちゃんの6畳間の部屋にはいつもの面子が310人ほど集まっておでんをつついている。
私もさっそく食べることに。
鍋の中には、セントジョージズ風なタチや、生搾りのグレープフルーツカクテルが合いそうなちくわや、古典力学的に説明のつかない感じによく味のしみ込んでそうなたこ串なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにもう、筆舌に尽くしがたいタコがたまらなくソソる。
さっそく、もう、筆舌に尽くしがたいタコをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけど甘酸っぱい、それでいてクリーミーなところがたまらない。
おでんは、私を使い捨てのびっくりにしたような気分にしてくれる。
どの面子も二度と戻ってこない口の動きでハフハフしながら、「うまい!しょせん、血塗られた道か。」とか「実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。」「本当にお前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」とか絶賛してドミニカ共和国の伝統的な踊りとかしながらライムサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が310人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
いとこのはとこのぴーよこちゃんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」と少しうんざりしたような感じに明け方マジックしたように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかいとこのはとこのぴーよこちゃんは・・・
「今度は全部で77400キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

おでん | 2022/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク