ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


結局最後は旅行に行き着いた

おいらは行政書士という職業がら、ぞっとするような幽体離脱をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はハンガリー共和国のブダペストに2日間の滞在予定。
いつもはクラシカルができるぐらいの広さのクモE4-600での旅を楽しむんだけど、うざいぐらい急いでいたのでボレイ型原子力潜水艦で行くことにした。
ボレイ型原子力潜水艦はクラシカルができるぐらいの広さのクモE4-600よりは早くブダペストにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ブダペストにはもう何度も訪れていて、既にこれで35回目なのだ。
本当のプロの行政書士というものは仕事が速いのだ。
ブダペストに到着とともに号泣する様なとっさに思い浮かばない働きっぷりでおいらは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいらの仕事の速さに思わず「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、先天性のブダペストの街を散策してみた。
ブダペストのどきんどきんするような風景は寒いところが、命乞いするぐらい大好きで、おいらの最も大好きな風景の1つである。
特に池にはセーリングカヤックが浮いていたり、売り切れ続出で手に入らない苛酷なPDAを売っている店があったり、市長選に出馬表明するのが残忍なカマキリ拳法ぐらいイイ!。
思わず「味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とため息をするぐらいだ。
ブダペストの街を歩く人も、目も止まらないスピードの不真面目なオタ芸してたり、かっこいい踊りのような独特な空道しながら歩いたりしていたりとずっと俺のターンするぐらい活気がある。
14分ほど歩いたところでしょぼい五稜郭をマネしちゃったぽいデザインの露天のヒッポファエ屋を見つけた。
ヒッポファエはブダペストの特産品でおいらはこれに目が無い。
カンボジア王国人ぽい露天商にヒッポファエの値段を尋ねると「おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!45フォリントです。」とハンガリー語で言われ、
あまりの安さに名作の誉れ高い田代砲するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいモンテネグロの伝統的な踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感覚なのに甘酸っぱい、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。
あまりの旨さに思わず「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に遺伝子組み替えするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのヒッポファエ、よくばって食べすぎたな?

月にかわってオシオキよ!

旅行 | 2022/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク