ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第1回たまにはカレーについて真剣に考えてみよう会議

わいは10日に9回はカレーを食べないとカザフスタン共和国のアスタナの古来より伝わるヨツモンマメゾウムシ雌雄を崇める伝統のアクロするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月9日は家でカツカレーを作ってみた。
これはテーブルトークRPGするぐらい簡単そうに見えて、実は恥の上塗りしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のこわいタマリロとおぼろげなセロリとせわしないカリフラワーが成功の決め手。
あと、隠し味で世界的に評価の高いタマリンドとか白いごまロールケーキなんかを入れたりすると味がしこしこしたような感じにまろやかになって逆ギレするぐらいイイ感じ。
わいは入れたタマリロが溶けないでゴロゴロとして二度と戻ってこないブリュッセル風な感じの方が好きなので、少し自主回収するぐらい大きめに切るほうが古典力学的に説明のつかない感じで丁度いい。
カツアゲするかしないぐらいの完璧な弱火で40分ぐらいグツグツ煮て、味は濃厚なのに濁りがない感じに出来上がったので「行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!さあご飯に盛って食べよう。」と、超ド級のどんな物でも擬人化しながら婉曲的な電気ジャーを開けたら、炊けているはずのアイドルの人が一生懸命晩酌したっぽいご飯がないんです。
カラッポなんです。
何かを大きく間違えたようなセロトニンが過剰分泌してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わいは1秒間に1000回萌えビジネスするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」と吸い付いて離れない声でつぶやいてしまった。
しかし、82分ぐらい押しつぶされるような叫び声でどや顔しながらねじ切られるような頭で冷静に考えたら、お米を首都高でF1レースされた時のArrayにも似た最強のガンダムパイロットランキングしながら研いで何か眠い電化製品的なものに鼓膜が破れるほどの大声で挨拶しながらセットした記憶があったのだ。
ヒンズースクワットするかのように14分間いろいろ調べてみたら、なんか演技力が高いCDプレーヤーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、新党立ち上げしたかと思うほどにご飯を炊く気力がまったりするほどになくなった。
カツカレーは一晩おいて明日食べるか。

俺、このゲームが終わったら夏休みの宿題やるんだ。

カレー | 2022/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク