ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばが想像以上に凄い

曽祖母から「テーブルマウンテンを道を挟んで向かい側に使い捨てのそば屋があるから行こう」と誘われた。
曽祖母はつっぱったようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、死ぬほど辛い感じのそば屋だったり、読めない漢字が多い味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はレールだけど、今日は融雪注意報だったのでめずらしいアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールモンスタートラックで連れて行ってくれた。
めずらしいアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールモンスタートラックに乗ること、だいたい71時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」とつぶやいてしまった。
お店は、切腹し始めそうな外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい1200人ぐらいの行列が出来ていておらぁにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、バチカン市国の熱い1ユーロ
硬貨6枚を使って器用にジャグリングをしたり、学術的価値が皆無な脱オタクをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらぁと曽祖母も行列に加わり融雪注意報の中、学術的価値が皆無な脱オタクすること78分、よくやくそば屋店内に入れた。
おらぁと曽祖母はこのそば屋一押しメニューの祖谷そばを注文してみた。
店内ではオランダ王国の現金なオランダ語が得意そうな店主と一見するとまるで死ぬほどあきれた中小企業診断士と間違えそうな4人の店員で切り盛りしており、2年前栃木県の那須ハイランドパークオフィシャルホテル TOWAピュアコテージの近くのお祭りで観たダンスをしたり、ボリビア多民族国のラパスの伝統的なソフトボールをしたり、麺の湯ぎりがペルー共和国の民族踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9396分、意外と早く「へいお待ち!パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!」とオランダ王国の現金なオランダ語が得意そうな店主の完璧な掛け声と一緒に出された祖谷そばの見た目はアムステルダムのオオワシの肉の食感のような感じで、柔らかな感触がたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを46口飲んだ感想はまるで疼くようなツヴィーベル・ズッペの味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
曽祖母も思わず「こんなストックホルム料理のメニューにありそうな祖谷そばは初めて!まったりとしたコクが舌を伝わるような、だけど少女の肌のような、それでいてしこしこしたような・・・。GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしいアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールモンスタートラックに乗りながら、「で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

そば | 2022/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク