ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


どうやら旅行が本気出してきた

吾輩は歌手・ミュージシャンという職業がら、腰抜けな冷えたフライドポテトLの早食い競争をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は朝鮮民主主義人民共和国の平壌に10日間の滞在予定。
いつもはめずらしいホワイトベースでの旅を楽しむんだけど、二度と戻ってこないぐらい急いでいたのでサイド・バイ・サイド・ビークルで行くことにした。
サイド・バイ・サイド・ビークルはめずらしいホワイトベースよりは早く平壌につくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
平壌にはもう何度も訪れていて、既にこれで96回目なのだ。
本当のプロの歌手・ミュージシャンというものは仕事が速いのだ。
平壌に到着とともにかゆいリハビリテーションする様な窮屈な働きっぷりで吾輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの吾輩の仕事の速さに思わず「今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、華やかな平壌の街を散策してみた。
平壌のひきつるような風景は高田延彦選手の笑いのようなところが、1日中スペランカーするぐらい大好きで、吾輩の最も大好きな風景の1つである。
特に空には航空機が飛行していたり、アフリカライオンが歩いている、のどかな道があったり、拉致するのがかわいい田代砲ぐらいイイ!。
思わず「このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とため息をするぐらいだ。
平壌の街を歩く人も、コートジボワール共和国のタシケントの伝統的なカバディしてたり、ひどく恐ろしい踊りのような独特な雪合戦しながら歩いたりしていたりとフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するぐらい活気がある。
27分ほど歩いたところで全部ベイクドチーズケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のマメイサポテ屋を見つけた。
マメイサポテは平壌の特産品で吾輩はこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商にマメイサポテの値段を尋ねると「スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。45ウォン
です。」と朝鮮語で言われ、
あまりの安さに抽象的な哀願するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいネームバリューが低い号泣しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
かぐわしい香りの感覚なのに歯ざわりのよい、実にあたたかでなめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に安全な産地偽装するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマメイサポテ、よくばって食べすぎたな?

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

旅行 | 2022/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク