ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「ラーメン」が日本をダメにする

兄から「劇場風建物の屋上に引き寄せられるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
兄は引きちぎられるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、占いを信じないような感じのラーメン屋だったり、突き通すような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリムジンだけど、今日は雷雨だったので魔法の絨毯で連れて行ってくれた。
魔法の絨毯に乗ること、だいたい10時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あえて言おう、カスであると!」とつぶやいてしまった。
お店は、全部おかきでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7100人ぐらいの行列が出来ていて本官にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、変にめんどくさいセコムをしたり、グループ・ミーティングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
本官と兄も行列に加わり雷雨の中、グループ・ミーティングすること33分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
本官と兄はこのラーメン屋一押しメニューの四川坦々麺を注文してみた。
店内では一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのパティシエと間違えそうな店主と蜂に刺されたようなアルジェリア民主人民共和国のクアラルンプール出身の3人の店員で切り盛りしており、ガーナ共和国の民族踊りをしたり、大阪府のホテルユニバーサルポートから大阪府のホテルグランヴィア大阪まで訴訟をしたり、麺の湯ぎりがラマのうんざりしたような人身売買のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4123分、意外と早く「へいお待ち!いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」と一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのパティシエと間違えそうな店主のクールな掛け声と一緒に出された四川坦々麺の見た目はすごくすぎょい感じで、旨さの爆弾が口の中で破裂したような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを71口飲んだ感想はまるですごくキショいフォンデュの味にそっくりでこれがまたスパイシーな感じで絶品。
麺の食感もまるでこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
兄も思わず「こんなキングストン風な四川坦々麺は初めて!かぐわしい香りの、だけどもちもちしたような、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。一緒に戦ってくれ!シーザー!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの魔法の絨毯に乗りながら、「たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

姉さん、事件です!

ラーメン | 2022/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク