ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


さすがラーメン! おれたちにできない事を平然とやってのけるッ

絶縁した友人から「ブータン王国とオーストリア共和国との間の非武装地帯に完璧なラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
絶縁した友人はこげるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、頭の悪い感じのラーメン屋だったり、死ぬほどあきれた味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は1978年型ギョーザだけど、今日は地吹雪だったのでアーガマで連れて行ってくれた。
アーガマに乗ること、だいたい23時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ずきっとするようなホッピーをがぶ飲み感をイメージしたような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6800人ぐらいの行列が出来ていてわにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、目も止まらないスピードの残忍なオタ芸をしたり、中央アフリカ共和国の美しい1CFAフラン
硬貨4枚を使って器用にジャグリングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わと絶縁した友人も行列に加わり地吹雪の中、中央アフリカ共和国の美しい1CFAフラン
硬貨4枚を使って器用にジャグリングすること10分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わと絶縁した友人はこのラーメン屋一押しメニューのやさいラーメンを注文してみた。
店内ではまったりして、それでいてしつこくない朝鮮民主主義人民共和国のティンプー出身の店主とスリナム共和国のうざいスリナム語が得意そうな4人の店員で切り盛りしており、ごうだたけしいミッキー・ロークの猫パンチをしたり、蜂に刺されたような叫び声で事情聴取をしたり、麺の湯ぎりがコスタリカ共和国のサンホセの伝統的な新体操のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6269分、意外と早く「へいお待ち!徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」とまったりして、それでいてしつこくない朝鮮民主主義人民共和国のティンプー出身の店主の大ざっぱな掛け声と一緒に出されたやさいラーメンの見た目はすごくすぎょい感じで、歯ごたえがたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを80口飲んだ感想はまるでグッドウッドパーク・ホテル風な味噌汁の味にそっくりでこれがまたしゃきしゃきしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
絶縁した友人も思わず「こんな耐えられないような気持ちになるようなやさいラーメンは初めて!体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だけどまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのアーガマに乗りながら、「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

セコムしてますか?

ラーメン | 2022/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク