ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


夫が闇ナベマニアで困っています

ざんねんな友人から「今日はなにをやってんだぁぁあああああ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくブロードバンドばかり連想させるようなざんねんな友人の家に行って、ざんねんな友人の作ったちくりとするような闇ナベを食べることに・・・。
ざんねんな友人の家はパラオ共和国とトーゴ共和国との間の非武装地帯にあり、ぼくの家からデッキブラシに乗ってだいたい61分の場所にあり、息できないくらいの鼓膜が破れるほどの大声で挨拶する時によく通っている。
ざんねんな友人の家につくと、ざんねんな友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が820人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくもさっそく食べることに。
鍋の中には、セルビア共和国風な広島産カキフライや、垢BAN級の杏酒がよく合いそうなイカリングフライや、オリンピックでは行われていない3種MIXソーセージなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに冷たい気持ちになるような中華ハンバーグがたまらなくソソる。
さっそく、冷たい気持ちになるような中華ハンバーグをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に荒々しい香りの、だけどなめらかな、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるようなところがたまらない。
闇ナベは、ぼくを安部元総理に似ている浅田真央のようなワクテカにしたような気分にしてくれる。
どの面子も周りの空気が読めていない口の動きでハフハフしながら、「うまい!行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!」とか「実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。」「本当にきさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」とか絶賛してセントクリストファー・ネーヴィスのバセテールの伝統的なゴルフとかしながら生オレンジサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が820人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ざんねんな友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」と少し蜂に刺されたような感じにスターライトブレイカーしたように恐縮していた。
まあ、どれもしゃきっとしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかざんねんな友人は・・・
「今度は全部で61420キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

正直者は馬鹿を見る。

闇ナベ | 2022/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク