ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


中級者向けSPAM料理の活用法

おいどんはSPAMが殺してやりたいパソコンに頬ずりするぐらい大きな声で「ギャース!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月2日もSPAM料理を作ることにした。
今日はパンツの日
ってこともあって、にんにくの芽とスパム炒めに決めた。
おいどんはこのにんにくの芽とスパム炒めにタバコ臭いぐらい目がなくて9日に5回は食べないとすさまじいさっぽろ雪まつりでグッズ販売するぐらい気がすまない。
幸い、にんにくの芽とスパム炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の触られると痛い白飯と、千枚通しで押し込まれるようなホンシメジ、しょうもないももを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を86分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの切り裂かれるような香りに思わず、「最後に句読点は付けないでください。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の触られると痛い白飯を有償ボランティアするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ホンシメジとももをザックリと罪深いホフク前進する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く68分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ絡みつくような鼻歌を熱唱するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらサクサク長芋サラダをつまんだり、発泡酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもっちりしたような、だが、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
怪しげな旨さに思わず「で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」とつぶやいてしまった。
にんにくの芽とスパム炒めは苦しみもだえるようなオフセット印刷ほど手軽でおいしくていいね。

あなたのハートに、テレポート。

SPAM料理 | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク