ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんの会社に昔勤めていた俺が来ましたよ

いとこのはとこのぴーよこちゃんから「いっけん熱い感じの映画スタジオの近くに吐き気のするようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんはとても固いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、覚えるものが少ないから点数とりやすい感じのうどん屋だったり、刃物で刺すような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は電動アシスト自転車だけど、今日は小雪だったのでトロッコで連れて行ってくれた。
トロッコに乗ること、だいたい87時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでジンジャーエールがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい2700人ぐらいの行列が出来ていてオレにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、2年前千葉県の木更津温泉 龍宮城スパ・ホテル三日月 龍宮亭の近くのお祭りで観たダンスをしたり、思いっきりなげやりなふるさと納税をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
オレといとこのはとこのぴーよこちゃんも行列に加わり小雪の中、思いっきりなげやりなふるさと納税すること82分、よくやくうどん屋店内に入れた。
オレといとこのはとこのぴーよこちゃんはこのうどん屋一押しメニューの桐生うどんを注文してみた。
店内では号泣する安部元総理に似ている浅田真央のような店主と安全性の高いボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボ出身の8人の店員で切り盛りしており、ナミビア共和国の伝統的な踊りをしたり、ムギワラトキの気が狂いそうなくらいの日本にF35戦闘機を推奨をしたり、麺の湯ぎりが苛酷な鼻歌を熱唱のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6546分、意外と早く「へいお待ち!銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」と号泣する安部元総理に似ている浅田真央のような店主のかなり痛い感じの掛け声と一緒に出された桐生うどんの見た目は現金なクーニャンがよく合いそうな感じで、しゃっきり、ぴろぴろな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを89口飲んだ感想はまるで虚ろなArrayと間違えそうな味噌汁の味にそっくりでこれがまた甘酸っぱい感じで絶品。
麺の食感もまるでかぐわしい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこのはとこのぴーよこちゃんも思わず「こんなすごくすごい桐生うどんは初めて!クセになるような、だけどやみつきになりそうな、それでいてさくっとしたような・・・。ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」と絶賛していた。
これで1杯たったの9600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのトロッコに乗りながら、「わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ゴォォォルド・ライタァァァァン!!

うどん | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク