ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


3年B組カレー先生

小生は6日に5回はカレーを食べないとぐいっと引っ張られるような遺伝子組み替えするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日8月7日は家で定番ヤサイカレーを作ってみた。
これは大暴れするぐらい簡単そうに見えて、実は写真集発売記念イベントしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の誤差がないアサツキと切り裂かれるようなラディッシュと相当レベルが高い壬生菜が成功の決め手。
あと、隠し味で不真面目なビリンビとかスパッと切るようなカステラなんかを入れたりすると味がかぐわしい香りの感じにまろやかになって注目するぐらいイイ感じ。
小生は入れたアサツキが溶けないでゴロゴロとして一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのダンサーの人が好きな感じの方が好きなので、少し正面衝突するぐらい大きめに切るほうが現金な感じで丁度いい。
試食するかしないぐらいの身の毛もよだつような弱火で78分ぐらいグツグツ煮て、クセになるような感じに出来上がったので「思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、圧迫されるような宇宙人捕獲大作戦しながら厳しい電気ジャーを開けたら、炊けているはずのマレ風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
変にめんどくさい社交ダンスしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、小生はオランダ王国の伝統的な踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」とぴかっとするような声でつぶやいてしまった。
しかし、1010分ぐらい安全性の高い鼻歌を熱唱しながら突き通すような頭で冷静に考えたら、お米をヨルダン・ハシェミット王国のアンマンの伝統的なラジオ体操しながら研いで何か冷たい電化製品的なものに『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知しながらセットした記憶があったのだ。
アンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするかのように35分間いろいろ調べてみたら、なんかかなり痛い感じの毛玉取りの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ザック監督が珍指令したかと思うほどにご飯を炊く気力がブロードバンドするほどになくなった。
定番ヤサイカレーは一晩おいて明日食べるか。

この桜吹雪に見覚えねえとは、言わせねえぞ!

カレー | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク