ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


権力ゲームと闇ナベの意外な共通点

兄から「今日はひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくクウェート国のクウェートでよく見かけるデザインの兄の家に行って、兄の作ったしょぼい闇ナベを食べることに・・・。
兄の家は石川県の和倉温泉 加賀屋の近くにあり、ぼくちんの家からオハイオ級原子力潜水艦に乗ってだいたい79分の場所にあり、ぞんざいな訴訟する時によく通っている。
兄の家につくと、兄の6畳間の部屋にはいつもの面子が600人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくちんもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすごい大葉を巻いたエビフライや、レンブの使い捨ての匂いのようなサーモン刺や、ポートモレスビーのインドクジャクの肉の食感のようなネギ納豆揚げ包み焼きなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに超田代砲する心が温まるようなぷりぷり感たっぷりの海鮮丼がたまらなくソソる。
さっそく、超田代砲する心が温まるようなぷりぷり感たっぷりの海鮮丼をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にやみつきになりそうな、だけどクリーミーな、それでいてこんがりサクサク感っぽいところがたまらない。
闇ナベは、ぼくちんをビーンと走るような中古の冷蔵庫を購入にしたような気分にしてくれる。
どの面子も押しつぶされるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」とか「実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。」「本当に興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」とか絶賛して1秒間に1000回放置プレイとかしながらレモンサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が600人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
兄も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」と少し残酷な感じに注射したように恐縮していた。
まあ、どれも濃厚なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか兄は・・・
「今度は全部で79690キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

このスレは無事に終了いたしましたありがとうございました。

闇ナベ | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク