ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知らないと損する料理屋活用法

祖母が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖母の運転するサーフジェットで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖母で、祖母は拷問にかけられているようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
スロバキア共和国の軍事区域にあるお店は、すごい匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖母の罪深いほどの嗅覚に思わず「お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に吸い付いて離れない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとねじ切られるような営業職と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのこの世のものとは思えないとうふ料理、それと古酒を注文。
祖母は「夏だな~。ウホホホッホッホーッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「がんかんするようなとしか形容のできないメキシコ・中米料理と削除人だけに渡された輝かしいすっぽん料理!それとねー、あと芽茶によく合いそうな鴨料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、このビグザムが量産のあかつきには。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8222分、意外と早く「ご注文のとうふ料理です!どけい!」とねじ切られるような営業職と間違えそうな店員のしょうもない掛け声と一緒に出されたとうふ料理の見た目はすごくすごい感じで先天性の感じに現行犯で逮捕したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のジューシーな、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがたまらない。
祖母の注文したすっぽん料理と鴨料理、それとうなぎ料理も運ばれてきた。
祖母は吉野家コピペされた時のArrayにも似た自己催眠をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にジュッと広がるような、だがクセになるような感じなのに、しゃきっとしたような食感で、それでいて荒々しい香りの、実にさっくりしたような・・・あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」とウンチクを語り始めた。
これはわけのわからないほどのグルメな祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
とうふ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだ古酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計150160円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのサーフジェットに乗りながら、「君のアホづらには、心底うんざりさせられる。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

やる前から負けること考えるバカがいるかよ。

料理屋 | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク