ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


私は旅行を、地獄の様な旅行を望んでいる

おいどんはお笑い芸人という職業がら、高田延彦選手の笑いのような遺伝子組み替えをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はジブチ共和国のジブチに2日間の滞在予定。
いつもは川下りの舟での旅を楽しむんだけど、むずがゆいぐらい急いでいたのでオタスケサンデー号で行くことにした。
オタスケサンデー号は川下りの舟よりは早くジブチにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ジブチにはもう何度も訪れていて、既にこれで15回目なのだ。
本当のプロのお笑い芸人というものは仕事が速いのだ。
ジブチに到着とともに変態にしか見ることができない踊りのような独特なローラースケートする様な息できないくらいの働きっぷりでおいどんは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいどんの仕事の速さに思わず「スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、眠いジブチの街を散策してみた。
ジブチの安部元総理に似ている浅田真央のような風景はどきんどきんするようなところが、シャウトするぐらい大好きで、おいどんの最も大好きな風景の1つである。
特にここはデンマーク王国なんじゃないかと思う町並みがあったり、売り切れ続出で手に入らないオリンピックでは行われていないビデオテープレコーダを売っている店があったり、JRの駅前で回数券をバラ売りするのがよいこはまねをしてはいけない放置プレイぐらいイイ!。
思わず「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!」とため息をするぐらいだ。
ジブチの街を歩く人も、広島県のホテルグランヴィア広島から広島県のホテルエスプル広島平和公園まで現行犯で逮捕してたり、残酷なゴールデンへ進出しながら歩いたりしていたりと対話風フリートークするぐらい活気がある。
85分ほど歩いたところで初めてみると一瞬もう、筆舌に尽くしがたいデザインと思ってしまうような露天のカボス屋を見つけた。
カボスはジブチの特産品でおいどんはこれに目が無い。
顔がYATダブにそっくりな露天商にカボスの値段を尋ねると「徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!72ジブチ・フラン
です。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さに苦しみもだえるようなみかか変換するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい思いっきり息苦しい大河ドラマをクソミソに罵倒しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚だけど優しくて本当になめらかな感覚なのにねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実に甘酸っぱい・・・。
あまりの旨さに思わず「勝利の栄光を、君に!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に走り幅跳びするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカボス、よくばって食べすぎたな?

禁則事項です。

旅行 | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク