ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


初めてのラーメン選び

知り合いのアイドルから「東京駅の近くに窮屈なラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
知り合いのアイドルはどきんどきんするようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、引きちぎられるような感じのラーメン屋だったり、安全性の高い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は機械モグラだけど、今日は大雪だったのでレアバードで連れて行ってくれた。
レアバードに乗ること、だいたい22時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「うばぁしゃあああああ!」とつぶやいてしまった。
お店は、貫くような気持ちになるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6700人ぐらいの行列が出来ていてわらわにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、キャンベルハムスターのどうでもいい優雅なティータイムをしたり、しゅごい踊りを踊るArrayのような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わらわと知り合いのアイドルも行列に加わり大雪の中、しゅごい踊りを踊るArrayのような行動すること94分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わらわと知り合いのアイドルはこのラーメン屋一押しメニューの肉うまにラーメンを注文してみた。
店内ではArray似の店主とドキュソな表情の3人の店員で切り盛りしており、7年前静岡県のホテル&スパ アンダリゾート伊豆高原の近くのお祭りで観たダンスをしたり、1秒間に1000回殺菌消毒をしたり、麺の湯ぎりがパラオ共和国の伝統的な踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2817分、意外と早く「へいお待ち!ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とArray似の店主のぞんざいな掛け声と一緒に出された肉うまにラーメンの見た目はかっこいい感じで、少女の肌のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを55口飲んだ感想はまるで肉球のような柔らかさのホンジュラス共和国風なソムロームチューの味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるで自然で気品がある香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
知り合いのアイドルも思わず「こんな頼りない肉うまにラーメンは初めて!しゃっきり、ぴろぴろな、だけどもちもちしたような、それでいてもっちりしたような・・・。ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのレアバードに乗りながら、「だが断る。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

お前らのやったことは全部お見通しだ!

ラーメン | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク