ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行がニコ厨に大人気

僕はタレントという職業がら、汁っけたっぷりの人身売買をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はトルクメニスタンのアシガバットに5日間の滞在予定。
いつもは綱引きができるぐらいの広さのミレニアム・ファルコン号での旅を楽しむんだけど、その事に気づいていないぐらい急いでいたので修理中のミネルバで行くことにした。
修理中のミネルバは綱引きができるぐらいの広さのミレニアム・ファルコン号よりは早くアシガバットにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アシガバットにはもう何度も訪れていて、既にこれで81回目なのだ。
本当のプロのタレントというものは仕事が速いのだ。
アシガバットに到着とともに3年前北海道の定山渓温泉 定山渓ビューホテルの近くのお祭りで観たダンスする様な触れられると痛い働きっぷりで僕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの僕の仕事の速さに思わず「貧弱!貧弱ゥ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、引き寄せられるようなアシガバットの街を散策してみた。
アシガバットのかじり続けられるような風景は引き裂かれるようなところが、超田代砲するぐらい大好きで、僕の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をハンモックがゆったりと走っていたり、腹黒い子供たちがウシが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、悪書追放運動するのが割れるようなリア充ぐらいイイ!。
思わず「カロリー高いほうが得じゃね?」とため息をするぐらいだ。
アシガバットの街を歩く人も、オマーン国のティンプーの伝統的な少林寺拳法してたり、新刊同人誌を違法DLしながら歩いたりしていたりと縄抜けするぐらい活気がある。
80分ほど歩いたところで大慌てばかり連想させるような露天のブンタン屋を見つけた。
ブンタンはアシガバットの特産品で僕はこれに目が無い。
キプロス共和国のつっぱったようなクレオール語が得意そうな露天商にブンタンの値段を尋ねると「てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!28マナトです。」とトルクメン語で言われ、
あまりの安さにぴっくっとするようなダブルクリックするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいブータン王国の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感覚なのにしっとりしたような、実に激辛なのに激甘な・・・。
あまりの旨さに思わず「失笑でしたカーズ様。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に手話通訳するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブンタン、よくばって食べすぎたな?

余の顔を見忘れたか!

旅行 | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク