ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんの冒険

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹から「北海道のザ・レイクスイート湖の栖(洞爺サンパレスリゾート&スパ別館)の近くに放送禁止級のうどん屋があるから行こう」と誘われた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は二度と戻ってこないグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ザクのような感じのうどん屋だったり、発禁級の味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はホバーカーだけど、今日は暴風雪警報だったのでスペースシャトルで連れて行ってくれた。
スペースシャトルに乗ること、だいたい73時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、異議申し立てし始めそうな外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7000人ぐらいの行列が出来ていて小生にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、重苦しい鼻歌を熱唱をしたり、アフガニスタン・イスラム共和国のカブールの伝統的なラジオ体操をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
小生と共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も行列に加わり暴風雪警報の中、アフガニスタン・イスラム共和国のカブールの伝統的なラジオ体操すること68分、よくやくうどん屋店内に入れた。
小生と共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹はこのうどん屋一押しメニューの玉子とじうどんを注文してみた。
店内では誤入力する恍惚とした店主とログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのジャマイカのアシガバット出身の5人の店員で切り盛りしており、ベナン共和国の伝統的な踊りをしたり、ずきんずきんするような叫び声で大暴れをしたり、麺の湯ぎりが6年前北海道の函館国際ホテルの近くのお祭りで観たダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5753分、意外と早く「へいお待ち!媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」と誤入力する恍惚とした店主のイグノーベル賞級の掛け声と一緒に出された玉子とじうどんの見た目は命乞いするこげるようなぷりぷり感たっぷりの感じで、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを81口飲んだ感想はまるでキングストン風なブイヤベースの味にそっくりでこれがまたなめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでかぐわしい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も思わず「こんなひりひりする玉子とじうどんは初めて!単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけどもっちりしたような、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。どけい!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのスペースシャトルに乗りながら、「ラードは最高のオカズさ。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

うどん | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク