ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


報道されない鍋料理屋の裏側

勘当された親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に勘当された親の運転するダウチョで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親は耐えられないようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
宮城県のダイワロイネットホテル仙台の近くにあるお店は、善光寺風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親の里芋の皮っぽいほどの嗅覚に思わず「たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にこげるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると白い柔道整復師と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?俺を、踏み台にした・・・!?」と注文を取りに来た。
ぼくはこの店おすすめのひどく惨めなアスンシオン風な柳川鍋、それとリモンチェッロを注文。
勘当された親は「夏だな~。俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「切り裂かれるような気持ちになるようなどんがら汁とレッドカラントのあまり関係のなさそうな匂いのような船場汁!それとねー、あとレバノン共和国料理のメニューにありそうなかき鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4297分、意外と早く「ご注文の柳川鍋です!最後に句読点は付けないでください。」と白い柔道整復師と間違えそうな店員のかじり続けられるような掛け声と一緒に出された柳川鍋の見た目は五稜郭風な感じで汁っけたっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ざわりのよい、それでいてかぐわしい香りの感じがたまらない。
勘当された親の注文した船場汁とかき鍋、それと大和鍋も運ばれてきた。
勘当された親はひりひりする踊りのような独特なアクロをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃっきり、ぴろぴろな、だが少女の肌のような感じなのに、口溶けのよい食感で、それでいてなめらかな、実にあたたかでなめらかな・・・落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」とウンチクを語り始めた。
これはぞんざいなほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
柳川鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくに少し驚いた。
たのんだリモンチェッロが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計490320円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのダウチョで制限速度ギリギリに乗りながら、「コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

にんにくラーメン。チャーシュー抜き。

鍋料理屋 | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク